横浜 鎌倉

金属アレルギー

金属アレルギーは結構厄介なものです。自分は金属アレルギーなのでアクセサリーなどのメッキ類を肌に着用しただけで、肌が痒くて痒くてたまりません!ピアスもしているのですがシルバー・プラチナ以外のピアスを装着しただけで、翌日は耳がパンパンに腫れてしまいます。ですのでシルバー以外のアクセサリーは装着出来ないのです。ピアスでもメッキタイプは価格も安くて可愛い物が沢山ありますが購入出来ないのが残念でなりません。以前は金属アレルギーはなかったのですが、花粉症と同じで体内のアレルギーに対する範囲を超えてしまうと症状が出るらしいです。なので金属に対する許容範囲を超えてしまったので金属アレルギーの反応が出てしまったものと思われます。酷い話がメッキで出来た物を長時間持ってるだけでも手が痒くなってしまうのです。痒くてかいてしまうので傷になります。金属アレルギーとは無縁だと思っていましたが、まさか自分がアレルギーになるとは思ってもいませんでした。実際体験してみるととても厄介なものだと体感しました。アレルギーは治すことが出来ないので困ったものです。おしゃれでアクセサリーを身に着けたいのですが、どんな物でも着けれないので金属アレルギーではない人が羨ましいと思った自分です。

ニコチンパッチの効果

最近では喫煙が厳しくなっている時代です。昔と比べて灰皿の設置も少なくなりました。タバコの価格も値上がりばかりで、喫煙者にとっては肩身の狭い時代だと思われます。それで過去に禁煙してみようと「ニコチンパッチ」を貼ってみたことがありました。当時はニコチンパッチは保険適用外で病院で処方されていました。それで、どんなものかと試してみたところ、確かにニコチンパッチを貼っている間は余りタバコは吸いたくなくなったのですが口元が寂しいと云うか物足りない感じでした。三日坊主の自分のことですので、いつしか途中で貼るのを放棄して再び喫煙してしまったのです。今では薬局にも禁煙ガムなども売っているので簡単に禁煙する事が出来るようになりましたが、自分はもう禁煙は諦めました。禁煙を本当にしたい方はニコチンパッチはお薦め出来ます。貼っている間は体内にニコチンが吸収されている感じがしますのでタバコを吸わなくても我慢出来るのです。自分のような三日坊主な方にはお薦めは出来ませんが。タバコを吸うのを断つにはかなりの覚悟が必要だと思い知らされました。ニコチンパッチは今では意外と安価で処方されていますので本格的に禁煙しようとする方には最適かと思います。

オカメインコはおしゃべりが上手

現在、自宅で手乗りオカメインコ(白オカメインコ)を飼ってます。性別はメスです。まだ毛の生え揃っていないヒナの頃から育てました。オカメインコはオウム科なので多少のお喋りは出来るのです。特にメスよりオスの方がお喋りが得意なそうで。自分の飼っているオカメインコは自分の名前を喋ることは出来ますが、それ以外は喋れません。ヒナの内からもっとお喋りを教えておけばもっと喋れたかもしれませんね。それとオカメインコの寿命は意外と長く18年ほど生きるそうです。他の飼い鳥の寿命は長くても7、8年くらいなので、それと比べると随分長生き出来る鳥類ですね。ただ熱帯地帯の品種なので寒さには弱く真冬はヒーターが必要です。逆に夏は暑くてもfへっちゃらです。お喋りは自分の名前だけでも喋れるので可愛いです。セキセイインコの方がもっとお喋り出来るかもしれません。オウム類インコ類はお喋りが得意らしいのでヒナの頃からは無理ですが若鳥の時に訓練するとお喋りな鳥になるかもしれません。せっかく飼うならお喋りが出来る方が可愛いですよね。九官鳥ほどは言葉は覚えませんが、ある程度の言葉は覚えます。大人になってからの小鳥にはお喋りを教えるのは少々困難なので、やはりヒナから育てて覚えさせるのが比較的簡単です。

更新履歴